COLUMN

送風機にバランスは大切です。

シロッコファン、ターボファン、軸流ファン、クロスフローファン。

回転体はアンバランス(不釣合)がある状態で回転すると振動を引き起こします。身近では自動車のタイヤ交換の際にバランス修正の作業をしているところを見ることができます。バランスのとれていないタイヤで走ると・・・車の振動は大きくなり頼吾ことが悪くタイヤその他の部品にも悪影響し燃費・維持費にも悪影響がでることでしょう。

送風機のバランス修正も同じような効果をもちます。送風機では羽根車(回転体)のバランスをしっかりと修正することで振動を低減。(直接的には軸受周り、騒音の低減、色々部品にと様々な好影響が期待できます。)

■用語の解説
・スタティックバランス(=静不釣合)
ロータを滑らかなレールの上に載せると重い部分が下向きます。静かな(回らない)状態で現れる不釣合、これが静不釣合です。不釣合の修正は1箇所で行なうことが出来ます。(1面修正、1面不釣合修正)

・ダイナミックバランス(=動不釣合)
静不釣合いと偶不釣合の複合された不釣合を動不釣合と呼びます。偶不釣合成分は回転することで初めて現れる不釣合ですので動不釣合を測定する為には回転させます。また、動不釣合は左右の2箇所で修正します。(2面修正、2面不釣合修正)

回転軸方向の厚さも参照し、実用回転数、使用環境、点検保守作業のしやすさなどに依って修正方法を決めると良いでしょう。

専門知識と経験が必要です。修正するには専用の装置が使用されます。工場内の据え置き型とご使用場所使用現地での修正も可能なポータブル型がある三上鉄工にご相談ください。
バランス修正は三上鉄工ウェブサイトのバランス修正のページをご参照ください。
https://www.miw.co.jp/product/balance/

BACK