COLUMN

油潤滑とグリース潤滑を比べてみると・・・

送風機の軸受(=ベアリング)は何らかの方法で潤滑されています。その方法は潤滑剤によって分けられ、液体潤滑、半固体潤滑(グリース)、固体潤滑があります。潤滑法もそれぞれに対応して給油法(液体潤滑剤),給脂法(グリース),固体潤滑法(固体潤滑剤)に分かれます。

送風機について潤滑をどうするかを考えるとき、給油するのか給脂をするのかの二者択一が現実です。個体潤滑はときおり、医薬、真空、水中などの用途での選定が見られます。
ちなみに無給油型と称するベアリングユニットは初期充填の油または脂に対して追加の油、脂を供給することができない、という意味であり、「油切れの際はベアリングごと交換作業が必要」なので注意してください。「無給油式」は、初期充填グリスと補給グリスの異種混合による事故を防ぐことが主たる目的です。潤滑剤補給が不要の画期的なベアリングという意味ではありません。

油潤滑とグリース潤滑を比べてみると・・・
送風機に於いては超高速・超高温というアプリケーションは少ないためグリス潤滑が一般的です。
グリス潤滑に於いてはハウジング設計が簡単かつ汎用性があり安価であることや、比較的メンテナンスが楽などの点では油潤滑に勝る点が数多くあります。
以下対比にてご検討ください。
三上鉄工の送風機でもグリス潤滑を標準としていますが、大量生産品やリピート生産など条件によって油潤滑(=油浴式)も検討させて頂けます。

油潤滑は連続給油が必要           ⇔  グリス潤滑は長期無給油可
油潤滑は必要油量が多い           ⇔  グリス潤滑は少量で可
油潤滑は潤滑系複雑大規模(初期費用が高額)  ⇔  グリス潤滑は潤滑系単純(汎用性高く初期費用が安価)
油潤滑は密封装置複雑(初期費用が高額)     ⇔  グリス潤滑は密封装置単純(初期費用が高額)
油潤滑は異物連続除去可           ⇔  グリス潤滑は異物除去不可
油潤滑は高速回転可           ⇔  グリス潤滑は低速から中高速程度に適する。(小~中大型程度の送風機に適しておりは非常に多く採用される)
油潤滑は冷却能力大           ⇔  グリス潤滑は冷却能力なし(簡単な空冷装置などである程度の冷却が可能)
油潤滑は長期停止時さび発生           ⇔  グリス潤滑は長期停止時防錆可(粘性が生かされている)

BACK