送風機の種類やトラブルの対処法

ホーム > コラム > 送風機の種類やトラブルの対処法

送風機の種類やトラブルの対処法

送風機の種類について



送風機の導入を検討されている方もいるのではないでしょうか。送風機と一言で言っても様々な種類があります。そのため、自分の好みのものを入手するためにはどのような種類があるのかを事前に知っておくと購入の際の参考になります。

例えばシロッコファンです。シロッコファンと聞いてもなかなか想像が難しい方もいますが、シロッコファンは身近なところで使用されています。工場などではもちろんのこと、ご家庭のレンジフードにも、種類によってはシロッコファンが使用されています。新築などにおいてはプロペラの換気扇が用いられるケースは少なくなっています。そのため、レンジフードを見たことがある方は多くいるでしょう。

シロッコファンの特徴としては、屋外と面していないところでも換気機能を実現できる点です。従来あるプロペラ式の換気扇では、外と面している壁面に設置する必要がありました。そのため設置場所が限られます。しかし、シロッコファンはプロペラ式の換気扇よりも設置場所の範囲が広がります。

その他にも騒音が少ない点です。特に、住宅地の多くは多くの一戸建てが密集しているため騒音でトラブルになる可能性も少なくありません。また、マンションなどでは騒音で隣の方から苦情を言われる可能性もあります。確かに、プロペラ式の換気扇は苦情を言われるほどの騒音は少なくなっていますが、シロッコファンではさらに騒音を抑えることが可能でしょう。シロッコファンのその他の特徴としては風の影響を受けにくい点が挙げられます。一般空調や工場で使用する際には風の強い場所で送風機を設置しなければならないこともあります。風に影響を受けてしまうと吸い込むことができる量が風によって変動し、安定的な吸込みをすることができない可能性が高くなります。シロッコファンであれば風に影響を受けることが少ないため、幅広い場所に設置することが可能です。

送風機はシロッコファンだけでなく、ターボファンもあります。ターボファンはパイプ用ファンやレンジフードで使用されるケースも少なくありません。しかし、シロッコファンは深形のレンジフードに活用されるのに対してターボファンは浅形のものに用いられます。風方向は軸に対して直角に対して流れます。逆回転をしても風の流れは同じ遠心方向に流れます。ターボファンの特徴としては風の量が多い点です。また、風圧が高いというのも特徴になります。

その他の送風機の種類には、軸流ファンがあります。軸流ファンは標準換気はもちろんのこと、パイプ用ファンやインダクトファン、カウンターアローファンなど様々な場面で活躍しています。特徴としては小型でも風量が多い点です。例えば、工場などではスペースの少ない場所に送風機を設置しなければならないところもあるでしょう。そのような場所でも、軸流ファンであれば活用することができます。



送風機のトラブルの原因と対処方法



送風機は長年使用しているとトラブルなどが発生することもあります。トラブルの種類には様々なものがあるのでもしもの時のためにトラブルの種類やそのトラブルが発生した原因、対処方法を知っておくと役に立てられることもあるでしょう。

例えば風量の不足のトラブルです。風量が不足している場合は、静圧の不足やフィルターなどにゴミなどが溜まっている可能性があります。そのような場合は、部品交換やインバーターなどを使用してファンの回転数を上げることによって対処できます。また、ゴミが溜まっている時には掃除をして対処することができるでしょう。

その他のトラブルに関しては異常音です。異常音が軸受から発生している場合、メタル内の埃や砂を取り除くかメタル自体を交換します。また、アダプタの締め具合を調節することによって対処できることもあります。異常音がする送風機の中にはグリスに変色がある場合もあるでしょう。そのようなケースではシャフトの摩擦が原因であるケースが多くなっているので、シャフト自体を交換しましょう。



送風機を業者から購入をしよう



送風機を販売してくれるところは複数あるため、送風機の購入を検討されている方の中には業者の候補を絞り込むことができない方や、どの業者を選んで良いのかわからない方も少なくありません。業者を選ぶ際にはコツがあるので、コツを参考にして選択されてみてはいかがでしょうか。

コツの一つとして挙げられるのが、品質の高い製品を製作、販売してくれるかどうかです。当然ではありますが、業者によって品質が異なります。また、基本的に送風機は日常生活での買い物の中でも比較的費用が高くなっているので、高品質の製品を取り入れたいと考えるのが一般的になります。業者によっては製品にこだわりを持って製作をしてくれるところもあります。また、50年の実績を持っているところもあるので、そのような業者に依頼をすれば安心して高品質のものを製造してくれるのではないでしょうか。

次の記事へ

ページトップへ