軸流ファンについての豆知識と製造してくれる業者の選び方

ホーム > コラム > 軸流ファンについての豆知識と製造してくれる業者の選び方

軸流ファンについての豆知識と製造してくれる業者の選び方



軸流ファンの種類について



企業の中には、軸流ファンを取り入れたいと考えている方も少なくないでしょう。現在では製造している業者はとても多く存在しているため、企業の用途や好みに合わせて製造をすることが可能です。また、製造の仕方によって様々な種類の軸流ファンがあるため、用途に合わせた種類を選択し、購入する企業は多いでしょう。ではどのような種類の軸流ファンがあるのでしょうか。

例えばモーターと直結している製品です。モーターと直結していることによって、シンプルな構造を実現することが可能です。直結していることによって付帯設備なども必要ないため、メンテナンスをしなればならない箇所も少なくなります。小型の軸流ファンを取り入れたいと検討されている方もいるでしょう。現在ではファンだけでなく、様々な製品の小型化が進んでいます。小型化することによって設置スペースが少なくなるので、小さな工場などでも利用することができるでしょう。工場を運営している方の中には既にファンを使用しているところもありますが、大型のファンから小型のものに変更することによってスペースが確保できるので、そのスペースに他の設備を設置することも可能になります。直流ファンの中には、時速130キロメートルを実現できる製品もあります。

このように現在では様々な軸流ファンが製造、販売されています。では実際にどのような現場で使用されているのでしょうか。

ベルト掛け式の製品は東北地方のインフラに活用されています。また、自動車を製造した後は試運転などが必要ですが、そのような現場でも軸流ファンが活用されています。その他にも工事現場や塗装ブース、食品加工や薬品などの装置にも使用されています。製造している業者の中には特注での製造も受け付け可能なため、この機会に購入を検討されてみてはいかがでしょうか。



それぞれのファンの特長について



ファンには様々な種類があり、また種類によって特長が異なります。ファンのタイプには大まかに分けて3つあります。

1種類目は軸流ファンです。プロペラ型が一般的な形になります。最大の特長は風量が他のファンに比べて多いのが特長です。一般用の換気扇やパイプファンなどにも使用されているタイプです。

2種類目は遠心ファンです。遠心ファンの中にはシロッコ型、ターボ型の2種類に分類することができます。シロッコ型は他のファンに比べて静圧が高いのが特長です。また、スクロールケーシングを必要としますが、騒音が低いため、天井埋込換気扇や深型のレンジフードなどにも使用されています。一方、遠心ファンのターボ型も静圧が高いのが特長でしょう。シロッコ型と違いがないのではと考える方もいますが、シロッコ型とは異なり、ターボ型はスクロールケーシングがなくても逆風をすることが可能な製品です。ターボ型は薄型クリーンモジュールユニットや遠心送風機、屋上換気性などに使用されています。

最後のファンタイプには横流ファンです。横流ファンはクロスフロー型が採用されているのが一般的です。静圧が低く、軸方向に長い送風幅を持っているのが特長でしょう。クロスフロー型はサーキューレーターなどに使用されています。

このようにファンのタイプを知ることによって、それぞれの得意なことや不得意なことを見ることができます。購入をする際にはファンのタイプを考慮して、自社にはどのファンが向いているのかを把握することによって適した製品を取り入れることが可能です。



軸流ファンを購入するための製造会社の選び方



遠心ファンや軸流ファンを製造、販売している業者はとても多く存在します。どの業者に依頼をしたらいいのか迷われている方や、わからない方も多くいるのではないでしょうか。製造をしている業者の中には、品質にこだわり続ける業者もあります。品質にこだわることによって、品質の性能が他の業者に比べて高いと考えるのが一般的です。また、品質にこだわることによって知識や技術が向上するでしょう。その他にも様々なタイプのファンを製造しているかどうかです。軸流ファンだけでなく、クロスフローファンや熱交換器なども製造している業者もあります。

このような業者に依頼をすることによって、豊富なタイプの扱いがあり、それぞれの特長を教えてもらうことができ、そのアドバイスを聞いて自社に適したものを取り入れることができるでしょう。業者の中には、ホームページなどで過去の実績を紹介しています。過去の実績を見ることによって、その業者は今までどのような製品を製造してきたのかを確認することができます。また、そのようなところで使用されるファンを製造しているのかを細かく確認できます。過去にどのような実績があるかを知ることによって、安心して利用できるでしょう。初めて依頼をする方でも、不安を感じることが少なく安心して製造依頼をすることができます。

次の記事へ

ページトップへ