羽根車と流量計の原理と仕組み

ホーム > コラム > 羽根車と流量計の原理と仕組み

羽根車と流量計の原理と仕組み


羽根車式流量計とは?



羽根車は、空気清浄機システムや冷暖房設備にも取り入れられています。そんな羽根車と同じように、機器には様々なシステムが取り入れられ、組み合わさって製造されています。いずれも重要なシステムにかわりはありませんが、その中でも特にこだわりを持たれることが多いのが、流量計です。流量計とは、液体などの流れる物を測定することが出来る速度計で、身近な物ですと、水量計やメーターなどに取り付けられています。体積や質量を量る物と同じように、正確に数値を測ることが出来るため、数値が重要となる機器には多く取り付けられています。

そんな重要な計測器ですが、単体で使われるだけではなく、他のシステムと組み合わさって利用されることもあるでしょう。例えば、羽根車式流量計です。こちらは、水車構造と呼ばれる、接線流羽根車式流量計と、風車構造と呼ばれる、軸流羽根車式流量計の主に二つの構造があり、それぞれに特徴があるでしょう。いずれも利用する機器によって利用目的が異なり、利用目的に合わせた機器に取り付けることが出来るでしょう。こちらのシステムの大きな特徴が、小型サイズでも大容量の測定が出来る点があげられます。液体の測定は一昔前までは非常に困難とされており、このシステムが導入されるまでは、正確性に欠く機器や大型サイズの物などが一般的でした。ですが近年の技術の向上に伴い、小型の機器サイズでも、無理せず瞬時に再現性の高い数値測定が可能となったのです。

精密機械ですので定期的なメンテナンスがどうしても必要にはなるものの、メンテナンスさえ行っていれば非常に重宝するシステムといえるでしょう。



羽根車の原理と仕組み



羽根車とは、羽状になっている回転式のシステムで、機器に取り付けることで、様々な効果を発揮するシステムの事を指します。システムの中でも非常に簡易的な原理で作られているものの、汎用性が高いため、幅広く機器に取り入れられている事が多いでしょう。扇風機などに利用されている物を思い浮かべると、イメージがしやすいかと思います。例えば、このような原理で使われている事が多いようです。

利用されている機器で最も一般的なのは、送風機や換気に使われているファンに利用されている物です。簡単に説明をすると、送風機の場合は特殊な構造をした羽根が回転をすることで、羽根そのものに風が当たり、正面に風を送るという原理になっています。換気の場合は反対に、回転をすることで空気をとりいれるような構造をしており、風を取り入れて、換気をすることが出来ることになっているのです。つくりそのものは非常に簡易的ではありますが、工夫次第で、風力やパワーの違いが大きく出る部分ですので、日々研究が行われているところです。

送風機のように単体で利用されている物もあれば、機器に取り付けられて、冷風機代わりに利用されている物まで、利用範囲は非常に幅広くあります。パソコンなどが主な例としてあげられるでしょう。原理が比較的単純なため、PC作成をする際に、こだわりの逸品を作り上げて取り付けるという方もいるようです。素人が手を出すと危険ですので、こうした機器を取り入れる際にはできるだけ、専門的な企業に依頼をすると良いでしょう。製造企業は幅広くありますので、企業選びに注意が必要です。



羽根車の利用用途



羽根車を利用した機器は数多く存在します。例えば、以下のような利用用途があるでしょう。まずは、扇風機や送風機、排気システムなどです。こちらの場合は欠かすことが出来ないと言っても過言ではないアイテムで、羽が無いと、稼働すら出来ないと言えるでしょう。また、羽の構造や材質、サイズや量によって大きく性能が異なります。利用目的に合わせた羽を利用することで、より快適に機器を利用することが出来るでしょう。同じ送風機でも、家庭用で利用するタイプと企業用で利用するタイプでは、パワーに差をつけなければいけません。製造企業によっては、パワー調整をすることが出来るタイプもありますので、依頼の際に相談をすると良いでしょう。

次に、流量計です。ガスメーターや水道メーターなどに取り付けられているタイプのシステムで、羽を取り入れることで、より効率良くよりスピーディーに測定が出来ることで知られています。正確性もお墨付きで、一昔前の機器に比べると、その性能は雲泥の差とまで言われているでしょう。羽を取り入れた流量計の取り扱いを行っている企業もいくつかありますので、依頼をする際に、こちらも一度相談をしてみる事をおすすめします。

その他にも、様々な各種装置に取り付けられている羽根ですが、それぞれの機器に合わせて構造や種類、タイプを変えることで、よりニーズに合わせた商品を手に入れることが可能です。企業によっては、商品に合わせたアイテムを提案してくれる場合もありますので、相談をして、より使い勝手の良い機器を作るようにすると良いでしょう。

次の記事へ

ページトップへ