空気の流れを作るターボファンの有効性について

ホーム > コラム > 空気の流れを作るターボファンの有効性について

空気の流れを作るターボファンの有効性について

ターボファンとは


ターボファンは空気の流れを作り出す送風機の一種として知られています。羽根の回転方向に対して後ろ向きに風が流れるタイプの装置をそう呼んでいます。したがって装置の用途は多岐にわたっています。
一般の空調設備に使われる場合もあります。これは、デパートや駅、トンネルなどのエアコンや換気のために使われています。産業向けに装置が用いられている場合もあります。工場などで出る金属製の粉じんに対して風を起こす用途、あるいは燃焼を起こすために空気を入れるための用途に用いられています。ご家庭でも装置は用いられています。身近な例としてはドライヤーの送風装置が挙げられます。エアコン、パソコン、布団乾燥機の風を起こすためのファンとしても活躍を見せています。
これまでの装置はガソリンや軽油などで動かされるものが多かったのですが、最近では電動式のターボファンも多くリリースされるようになってきています。大きな装置をイメージしがちですが。手のひらに載るようなサイズのものからトラックなどに積載されるような大型のものまでバラエティーに富んだものになっています。
装置の羽根の部分に用いられる材料も用途に合わせて選ぶことができます。軽量タイプが望まれる場合にはプラスチックなどが用いられますが、大きな空気の流れが必要な場合には金属が材料に用いられることが多くなります。室外で用いられるターボファンの場合には、金属の表面に加工を施して耐久性を上げる工夫も行われています。錆びにくい材質が選ばれる場合も多くなってきます。スムーズに羽根が回転するようにベアリング加工が用いられることも多くなります。大型小型といった装置の仕様に最適なベアリングが選ばれ使われています。

ターボファンのメンテナンス


ターボファンはある程度使っているうちに、金属疲労などの原因で劣化をすることはさけられないものです。特に室外で用いる装置の場合には室内のそれに比べてかなりの速度で劣化が起きてしまいます。劣化が起きてしまいますと空気の流れを作り出す能力が極度に低下してしまいますので、ターボファンのメンテナンスが必要になります。
ターボファンを購入する際には、長期的または経済的な視点をもってメンテナンスに対応してくれるメーカーからの購入がおすすめになります。オーバーホールの技術を持ったメーカーであれば、新品にかなり近い状態に劣化してしまったターボファンを戻すことが可能になります。また、どのタイミングでオーバーホールすればいいのかわからないような場合も多いので、そのような場合にはメーカーに定期点検を行ってもらって、オーバーホールの必用性を調べてもらうといいでしょう。すでに導入された装置のメーカーがオーバーホールに対応してくれない場合には、他社のメーカーであってもオーバーホールに対応可能なメーカーを探すことが必要になってきます。
ターボファンの劣化の主なものはいうまでもなく、空気の流れが十分に発生しないということになりますが、場合によっては大きな金属音が発生してしまったり、異常な発熱が起きてしまうような場合もありますので、その状況に応じた対処が必要になってきます。装置からの異常な発熱は大変危険な状態ですので、速やかな対応が望まれます。迅速かつ丁寧なオーバーホールに対応可能なメーカーからの購入はおすすめの導入方法になってくるでしょう。

良い品質の装置を導入するには


安全にターボファンを使って活用していくには品質の良い装置を導入する必要がでてきます。品質の良い装置であれば良好で快適な空気の流れを作り出してくれますので、満足度が上がります。一番大事なポイントは装置を作るための材質にこだわることです。材質の選択にかなり力を入れているメーカーの装置は信用に値するものであることが多くなります。
さらには、材質だけこだわっても良い装置にはなりません。その材料を最高レベルの技で装置を作り上げていくことも必要になります。そのためには、ある程度以上の技術力を持ったメーカーからの導入も必要といえます。また、メーカーサイドのものづくりに対してのこだわりも重要なファクターになります。導入してしまえばそれまでということではなくて、アフターケアの精神にも富んだサービスの面でも行き届いたものであれば、快適に装置を使っていくことが可能になります。
一方で、机上のテクニックに加えて、長年の経験もものづくりには重要なファクターになってきます。実績も兼ね備えたメーカーは装置導入の際の重要な決め手になることもいうまでもありません。実績は何にも代えがたい大きなメーカーにとっての財産になります。ものづくりをする際に、最近世界レベルで提唱されるようになってきている、地球環境へのやさしさも常に視野に入れたメーカーも導入の際にはおすすめになります。
これは、全てのメーカーに必要なものですが、さらにはコンプライアンスや個人情報の管理などの問題についても十分な配慮を持ったメーカーであることが理想的であるといえます。

次の記事へ

ページトップへ