小型シロッコファンを業者に注文しよう

ホーム > コラム > 小型シロッコファンを業者に注文しよう

小型シロッコファンを業者に注文しよう

小型シロッコファンの羽根車のタイプを選ぼう



企業の中には、小型シロッコファンを購入して工場の生産性を高めようと思われている方もいるのではないでしょうか。現在では、小型シロッコファンの製作や販売をしてくれる業者がいるため、幅広い企業が取り入れやすくなっています。また、業者の中には特殊形状の相談なども受け付けてくれるところもあるので、企業の用途に適している製品を導入することができるでしょう。小型シロッコファンは、一般空調や冷凍倉庫空調など様々な場面で使用されています。また、今では半導体を製作している工場などもありますが、そのような工場でも半導体製造工程で用いられています。

小型シロッコファンと一言で言っても、様々なタイプから選択することになります。例えば羽根車です。羽根車は大まかに分けて四つあります。

一つ目のタイプは一枚プレス成型タイプです。このタイプは他のタイプに比べて軽量に製作されています。基本的にはφ100mm前後までの小型、量産向けに最適な羽根車になります。

次のタイプは巻き締めタイプです。一枚型プレス成型タイプにおいては一枚での鋼板から成型をしますが、巻き締めタイプは三枚の板からプレスして成形します。基本的には一つ目のタイプよりもサイズが大きくなり、中型であれば低価格で導入することができるでしょう。比較的数量にまとまるものに最適のタイプであると言われています。

その他のタイプは折り曲げタイプになります。折り曲げタイプは、50枚程度の板を差込み後折り曲げて成形されるタイプになります。このタイプは上記のタイプに比べてヘビーな環境にも耐えることができるため、工場などでも使用可能になります。

最後のタイプはリベットかしめタイプになります。リベットかしめタイプは上記のどのタイプよりもヘビーな環境に対応できます。例えば高温の場所や低温、環境が比較的劣悪な場所、大型装置に適応することが可能です。このタイプは羽根の枚数なども指定することができるので、業者に相談をすれば企業や工場に適しているものを製作してもらうことが可能です。

このように、小型シロッコファンを注文する際にはこれらの四つのタイプから使用環境に適したものを選択することになります。どのタイプを選択していいのかわからない方は、業者に依頼をしてアドバイスをしてもらってはいかがでしょうか。



小型シロッコファンの吸込み式などを選択しよう



小型シロッコファンを製作してもらうにあたり、羽根車のタイプを選択することが求められますが、その他にも空気の吸込み方を選択するのが一般的になります。例えば、吸込み方の種類にはシングルサクション、ダブルサクションがあり、片側吸込みや両側吸込みと呼ばれることもあります。シングルサンクションは、羽根車や渦巻ケーシングを片側部分のみから吸込む吸い込み方式になります。一方でダブルサクションはシングルサクションとは異なり、両側から吸い込むタイプになります。

また、吸込み式だけでなく、軸受の構造も選択することになります。構造に関しては二つのタイプがあります。それは片持ち式と両持ち式になります。片持ち式は軸受が羽根車の片側に配置され、一方で両持ち式では両側に軸受が配置されているタイプになります。

さらに、駆動方法も異なります。例えば、一連式では一つのモーターで一枚の羽根車を動かすことになります。一連式は一般的な送風機に使用されているため、目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。一方で、二連式は二枚の羽根車を一つのモータで動かす構造になります。このようにそれぞれのタイプを企業に適しているものに選択することができるでしょう。

また、さらにオリジナルの小型シロッコファンを製作したい場合、業者によってはカスタマイズをしてもらうことができます。例えば羽根車の回転軸の向きや羽根車の回転方向、吸い込んだ空気の吐き出し方向などです。カスタマイズを依頼して製作すれば企業独自の小型シロッコファンに仕上がることでしょう。



小型シロッコファンを製作してもらうための業者の選び方について



基本的に小型シロッコファンなどの送風機を専門に扱って製造や販売をしてくれる業者は限られますが、複数の業者がいるため業者の選択に迷われている方や候補を絞り込めない方も少なくありません。小型シロッコファンなどの送風機を専門に扱ってくれる業者の中には、高い品質の製品を提供するために技術力を常日頃から高めてくれるところもあります。スタッフそれぞれが品質にこだわりを持って製作を行っており、こだわりを持って製作をした製品は高品質である可能性が高くなるでしょう。

また、実績が多いところでは今まで培ったノウハウを活かして作業をしてくれるでしょう。お客様の要望に応えられる可能性が高いので、羽根車のタイプに迷われている方でも対応してもらうことが可能となります。

次の記事へ

ページトップへ