ターボファン送風機を導入できる場面

ホーム > コラム > ターボファン送風機を導入できる場面

ターボファン送風機を導入できる場面



送風機の使用目的



送風機とは、空気や気体に圧力をかけて空気やガスを送り出す装置の事を言います。色々な種類の機種がありますが、軸流式、遠心式、容積形の回転式に分けられ、圧力が10kpa未満のものでターボ式のものをターボファンといいます。建築物や船などの換気用や、ボイラーや溶鉱炉などの通風用、またセメントや穀物などを空気輸送する際に利用されています。

原理としては、液体を扱うポンプと同じで、動力の供給で羽根車などの部分が外部からの空気や気体に圧力をかけ、そのエネルギーを増幅させることによって、気体の輸送や昇圧などを行なうものです。ターボファン送風機は、特に産業に使用されることが多く、その需要は増え、大型化、高性能化し、さまざまな場面に使用されています。使用目的によってさまざまな機種があり、多翼ファンは短くて幅の広い羽根を用いたファンで、効率はあまり良くありませんが、小型で静かな音なので、住宅や店舗、船舶などの換気や、小型ボイラーの通風用に使用されてます。

ラジアルファンは半径方向を向いた羽根を用いたファンで、羽根が汚れにくいので、掃除がしやすく交換が簡単なので、微粉炭、セメント、チップ、穀物、砂などの粉状物質の空気輸送に使用されます。ターボファンは、渦巻きポンプと構造が似ており効率が良いので、一般産業用の送風機、あるいは排風機として広く使用されています。軸流ファンは、小型軽量ではあるが風量が多いため、トンネルの換気、またはボイラー・空冷熱交換器の通風のために使用されます。

ルーツブロワは繭形のローターを使った容積型のファンで、ローターを互いに反対方向に回転させ、一定体積の気体を吐き出し側に移送します。主にガスの圧送や真空用に使用され、回転数に反応するのでディーゼル機関の過給や排気に使用されます。



種類別の型式と特徴



ターボファン送風機は種類ごとに使用されることが多いです。その種類に応じて型式、羽根車形状、全断熱効率、風量、圧力も違います。その種類ごとの特徴や用途について説明します。まず、形式別には、ファンは遠心型、斜流型、軸流型、横流型の四つに分類されます。

遠心型には後向きファン、ラジアルファン、多翼ファンがあります。斜流型には斜流ファンがあります。軸流型には軸流ファンがあります。横流型にはクロスフローファンがあります。

後向きファンはターボファンの名称で普及しているものです。羽根が後ろに傾いていて、羽根が頑丈で性能が良いので、幅広い場面で使用されています。ラジアルファンは羽根車の形がシンプルで、耐久性に優れており、主に粉塵等が飛散する工場などの現場に使用されます。多翼ファンは筐体と整風器の中で羽根が回転し、小型で圧力係数が高いが効率は多少落ちます。翼形ファンは羽根車が翼形になっており風量が多くなります。効率が非常に良く、音が静かです。効率としては、ターボファンよりも優れています。

工業用の他に民生品にも普及しています。斜流ファンは軸方向から空気を吸い込み、斜め方向に圧力を与え、空気の出口を変えて送風し、小型で計量なのが特徴です。軸流ファンは非常にシンプルな構造で、ターボファンの中ではもっとも効率が良く、冷却用として使用され風量の増減が少ないのが特徴です。横流ファン(クロスフローファン)は空気を送る出口が横長で薄く、エアーコンディショナー等で使用され、安定した高速気流を生みます。



ターボファン送風機の特長と用途



ターボファン送風機は、使う場所と目的によってさまざまな種類のタイプがあります。種類別には、汎用タイプ、コンパクトタイプ、安全増防爆型、耐圧防爆型、などがあります。その用途としては、汎用タイプやコンパクトタイプでは印刷機械や焼却炉、乾燥機などに使用されるのが一般的です。

より安全性の高い安全増防爆型、耐圧防爆型などは、主に石油工場やガソリンスタンド、塗装工場などで使われています。ガソリンやプロパンガスに代表される爆発性のガス、可燃性ガスなどがある場所です。特長としては、汎用タイプやコンパクトタイプのものでは小型、軽量化により産業用機械への取り付けがしやすくなっており、多くの用途を目的に開発された送風機です。低騒音で高圧を必要とする用途に適しており、強い吸引力を用いているため、長い距離の送排風に利用されます。さらに、吸引気体の水分の浸入と粉塵の混入を防ぎます。安全増防爆型や耐圧防爆型 のものでは高静圧が必要な場合に最適で、数多くのダクトを結合して使用する場合や距離が長い送排風に適しています。

他に、高圧ターボ型の送風機の特長としては、羽根車に効率の良いターボファンを搭載し、風量が普通で風圧が高くなるように調整され開発された送風機になっています。燃焼用や固体の空気輸送用などに適しており、軽量化・低騒音化を可能にしています。用途としては、焼却炉、溶解炉、加熱炉、ボイラー、洗浄機、紡織機械、クリーニング機械、集塵機、吸塵用、バーナー、印刷機械、ダンボール機械、発泡攪拌、圧送・空気輸送 などに使用します。

次の記事へ

ページトップへ