ターボファンの開発を業者に依頼しよう

ホーム > コラム > ターボファンの開発を業者に依頼しよう

ターボファンの開発を業者に依頼しよう


ファンを制作している業者が取り扱っているファンの種類について



現在、工場や企業においてファンを使用しているところは少なくありません。ファンと聞くとプロペラファンを想像する方も少なくないでしょう。

プロペラファンは私達の身近なところで使用されていますが、例えばアパートの換気扇になります。アパートに住んでいる方の中には、プロペラファンを使用して換気をしている方もいるのではないでしょうか。このファンは以前から使用されており、換気扇だけでなく幅広い用途で使用されています。工場や企業が使用するファンを制作している業者もありますが、どのような種類のファンを取り扱っているのでしょうか。

まず、ターボファンです。現在の新築住宅ではレンジフードが設置されているところもあります。レンジフードはプロペラファンとは異なり、プロペラが剥き出しになっておらず、どちらかと言えば空気清浄機のように吸い込むところは平になっており仕組みが見えにくくなっています。このようなレンジフードにもターボファンが使用されることがありますが、ターボファンの特徴としては風量がやや大きい点が挙げられます。例えば工場の中には大きな風量でなければ対処できないところもあるでしょう。そのため、そのような他のファンでは実現できない風量が必要なところではターボファンを選ぶことが多くなっています。また、効率が良い点が挙げられます。効率が良ければ業務も同時に効率的に行え、企業や工場などが取り入れることによって業務効率の向上を期待することができます。しかし、基本的に他のファンと比べて性能が高く、風量も大きくなっているため価格がやや高めになっています。

送風機の開発を行っている業者はターボファンだけでなく、シロッコファンの開発も行っています。シロッコファンは多くの方が知っている通り、レンジフードに使用される主要ファンになります。では、何故レンジフードにシロッコファンが選ばれるのでしょうか。その理由は騒音が小さい点が挙げられます。基本的にレンジフードはご家庭の中に取り付けることになりますが、住宅が密集しているところでは大きな騒音は周囲に不快感を与える恐れがあり、そのため、高層マンションや一軒家などのレンジフードで広く使用されているのです。価格はプロペラファンよりも高くなっていますが、外部の風の影響を受けにくい点など様々なメリットがあります。

このように、開発を行っている業者では様々な種類のファンを取り扱っているため、もし、工場の運営者や企業の管理者の中でターボファンやシロッコファンの導入を検討されている方がいるのであれば、幅広い種類のファンを開発している業者に依頼をしてオリジナルの送風機を開発してもらってみてはいかがでしょうか。



ターボファンの開発を依頼する時は自社に適した構造を採用しよう



基本的にターボファンの開発を行う業者では、お客様に環境に合わせて適切な構造のターボファンを開発することが可能です。例えば吸込み方法なども選択することができますが、この吸込み方法は大まかに分けて二つあります。それは「片側吸込み」「両側吸込み」で、別名で「シングルサクション」「ダブルサクション」と呼ばれることもあります。名前から見てもわかるように、羽根車や渦巻ケーシングを片側から吸い込むのが片側吸込みになります。両側から吸い込むのが両側吸込みになります。

その他にも片持式、両持式の二つのタイプから選択できます。片持式は羽根車の片側に軸受を配置したタイプになり、両持式は羽根車の両側に軸受を配置した構造になります。一つのモーターでいくつの羽根車を動かすかどうかも選択でき、例えば一つのモーターで一つの羽根車を動かく駆動式や、一つのモーターで二つの羽根車を動かす方法などの選択が可能となります。

もし企業でオリジナルのものを開発したいとお考えの方は、構造を予め社内で話し合い、貴社に適しているものを導入するようにしましょう。



ターボファンを開発してもらうための業者の選び方のポイントとは



現在ではターボファンやシロッコファンの開発やメンテナンスを行ってくれる業者は複数あるため、企業や個人で送風機の導入を検討されている方の中にはどのような業者に依頼をすれば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。

まず、選び方のポイントとして挙げられるのが実績の有無です。基本的に業者のホームページでは、業績などを記載しているところが多くなっています。業者の中には開発実績だけでなく、メンテナンスの実績なども掲載してくれるところがあるので、そのような実績があるところに依頼をすれば初めて導入を検討されている方でも安心してお任せできるのではないでしょうか。

その他のポイントとしては品質が高いかどうかです。品質が高ければ長持ちすることはもちろんのこと、効率的に業務を行える可能性があります。

次の記事へ

ページトップへ