ターボファンについての豆知識

ホーム > コラム > ターボファンについての豆知識

ターボファンについての豆知識



ターボファンはレンジフードでも使用されている!?



ターボファンを購入して活用しようと検討されている企業や個人の方も多くいるのではないでしょうか。企業においては工場で使用されるターボファンですが、ご家庭でも身近な場所で使用されています。身近な場所とはレンジフードです。新築などの換気扇にはレンジフードが使用されています。レンジフードがあることによって、料理をしている最中に発生する煙を吸い取ってくれるので他の部屋に煙が侵入するのを防ぐことができます。このレンジフードの中には排気ファンが内蔵されています。ではどのような種類のファンが使用されているのでしょうか。

例えばターボファンです。このファンには、幅の狭い羽根が複数あるのが特徴です。これによって効率よく調理中に発生した煙や匂いを吸い取ることができるのです。また、音が静かなのが特徴です。工場を運営している方の中には騒音のクレームが発生することが考えられますが、ターボファンを利用することによって騒音を他のファンを使用するよりも抑えることができます。

また、個人宅においては静かである特徴があるため、中高層マンションなどでも使用されているファンです。ターボファンは静かなだけでなく、掃除がし易い点が挙げられます。そのため、レンジフードに活用すると家事の手間を削減することが可能です。一般的にこのファンは浅型レンジフードやダクトファンに使用されています。

その他にもレンジフードのファンとして活用されているのがシロッコファンです。シロッコファンは幅の広い羽根が後ろ向きについているので、様々な送風機に使用することが可能です。深型レンジフードにシロッコファンが搭載されるケースが多くいでしょう。マンションの中には、ダクト配管が必要なところもあります。このような建物においては自由な向きに排気することが求められますが、シロッコファンはプロペラファンに比べて風の影響を受けることが少ないため、効率的に排気をすることができるのです。シロッコファンは風の影響を受けやすい中高層の住宅やダクトがある場所で活用されることが多くなっています。ターボファンやシロッコファンと聞くとプロペラファンとは異なり、私達の生活の身近な場所にないようなイメージを持ちがちですが、住宅の中に取り入れられるなど、我々の身近なところでも使用されているのです。



最適なターボファンを選択しよう



基本的にターボファンを製造、販売している業者においてはあらゆるタイプを提案するため、工場や企業に適しているものを購入できます。例えば羽根車の構造も選択可能です。羽根車の構造には大まかに分けて2つのタイプに分類できます。

1つ目のタイプはシングルサンクションです。シングルサンクションは羽根車やケーシングを片側から吸い込む構造です。2つ目のタイプはダブルサンクションです。ダブルサンクションはシングルサンクションとは異なり、両側から吸い込む構造になっています。また、軸受けの配置の構造も選択できます。片持式は羽根車の片側に軸受けを配置した構造になっており、両持式は羽根車の両側に軸受けが配置されています。送風機のタイプも選択することが可能です。

送風機のタイプには1連式、2連式があります。1連式は送付機のタイプでも一般的なタイプです。1つのモーターで1つの羽根車を動かすタイプになります。2連式は1つのモーターで2つの羽根車を駆動できます。また、業者によっては回転軸の向きや回転方向、吐き出し方向などもカスタマイズできるため、工場や環境に適しているタイプを選択できます。



ターボファンを業者に依頼して購入しよう



ターボファンを購入するためには、業者に依頼をして購入し、設置する方法が一般的になります。現在では製造から販売までを担ってくれる業者はたくさん存在します。ではどのような業者で購入すれば後悔の少ない買い物ができるのでしょうか。

例えば品質です。ターボファンは安い買い物ではないので、なるべく品質の高いものを購入したいと考えるのが一般的ではないでしょうか。業者によっては品質に長年こだわり、良品質のものをお客様に提供し続けているところも存在します。また、熟練した技術を使用して製造に着手してくいるため、高品質の製品を期待できるでしょう。業者を選ぶ際には導入事例をまずは確認されてみてはいかがでしょうか。業者によってはホームページなどで導入事例を掲載しているところもあります。導入事例をみることによって経験や過去の実績を把握できるため、安心して製造を依頼することができるでしょう。業者の中にはメンテナンスなどの依頼も引き受けてくれるところもあります。長年ファンを使用していると風量の不足やモーターのオーバーロードなどが発生します。送風機の不具合がある方はメンテナンスを依頼して修理や点検を依頼してみてはいかがでしょうか。

次の記事へ

ページトップへ