シロッコファンの風量などに関する情報をご提供

ホーム > コラム > シロッコファンの風量などに関する情報をご提供

シロッコファンの風量などに関する情報をご提供

これからシロッコファンを導入したいと考えている方におすすめの情報


私たちの暮らす社会の中で、シロッコファンはさまざまな機械のシステムに組み込まれています。シロッコファンを製造・販売している会社によって、1枚板プレス成形、巻締めや折り曲げ、リベットかしめタイプなど、さまざまなタイプの羽根車があります。それらのタイプによって、適した環境や使用目的にも違いが生じてくるので、あらかじめしっかりとチェックしておきたいところです。シロッコファンは、空調機器の稼働をはじめとして、各種プラントの廃棄など、幅広いシーンで活用することができます。
また、シロッコファンの中には、羽根車の配置が片側のものも、両側のものも存在します。それらの内、どちらが適しているのかは、利用目的によって違いがあるので、それぞれの用途に合わせて使い勝手の良い方を選ぶと良いでしょう。また、一般的なシロッコファンは、1つのモーターに1つの羽根車が付いている1連式のものが一般的ですが、2連式のものもあります。これから購入する商品を探すにあたっては、一人ひとりの使用目的に合った回転数・風量のものを選ぶのがおすすめの方法です。
そのように、ひと口にシロッコファンと言っても、さまざまな種類の商品がラインナップされています。商品の購入にあたっては、仕組みや構造の違い、それらの条件によって風量や回転数に及ぼされる影響を考慮に入れた上で、用途にマッチしたものを選びましょう。そのようにして、使用目的に合った商品を購入し、使用することで、機器の稼働効率を向上させることが可能となります。

商品のバリエーションや選び方が知りたい方はこちらをチェック


シロッコファンの製造・販売を手掛ける業者の中には、小型のものから大型特注のものまでさまざまな商品のオーダーを受け付けているところも多く見受けられます。また、シロッコファンは汎用性の高い構造であるため、さまざまなニーズに対応したオプションを付加しやすいというアドバンテージも存在します。したがって、既製品では不満があるという場合にも利用する業者の選び方次第で特注品の製作を行なってくれる可能性もあります。
次に、シロッコファンの風量や回転数は商品の種類やタイプによって違いがあります。したがって、利用目的や使い道に合ったものを選ぶことが大事ですが、回転数や風量には大まかな目安があるので、あらかじめ把握しておくことをおすすめします。
シロッコファンの中でも、サイズの小さいものになると900前後の回転数で、風量の比較的少ないものが多く存在します。こちらはコンパクトなサイズであるため、取り付けることのできる場所の選択肢が多いというメリットがあります。また、風量が抑えられているとは言うものの、冷却や換気に必要とされる性能は充分に備えています。そういった事情から、コンパクトサイズの商品は、工場をはじめ、プライベートルームの換気など、幅広い場面で利用されているようです。
その反対に、大きなサイズのものでは、回転数3400前後という風量の多いものもあります。こちらは、吸込み方式が片面のものも、両面のものもあるので、用途に合わせて選ぶことをおすすめします。サイズが大きい分だけパワーも強くなるので、工場はもちろんのこと、各種機器の主要なシステムに組み込まれているケースが多いようです。

購入する商品を探す上で気を配りたいポイントをご紹介


この先導入するシロッコファンを探すにあたっては、風力調節の機能もチェックしておきたいポイントです。スイッチを切り換えるだけで風力の調整を行なうことができれば、機器の使い勝手もそれだけ良くなります。商品の使用場面をイメージした時に、そのようなスイッチシステムが必要になる場合、業者スタッフにその旨を伝え、おすすめの品物を提案してもらうのも1つの選択肢です。また、パワーだけではなく、機器のサイズや設置することの可能な場所も、それぞれの商品によって違いがあります。それらの相違点について疑問や不安があるという場合には、専門の業者に問い合わせや相談をしてみると良いでしょう。
次に、シロッコファンの導入に際しては、設置場所にも気を配りたいところです。ラインナップされている商品の種類は豊富で、さまざまなシステムに組み込むことが可能になります。例えば、クーラーやエアコンは、一般的な消費者にとって馴染みの深い設置場所と言えます。こちらの場合には、機器の内部から外部へと熱を放出して、稼働効率を向上させる目的でシロッコファンが使用されています。ファンの性能は、機器本体の性能に影響を及ぼすため、冷暖房機器を製造する企業にとっては、ファンの研究・開発も重要なポイントになります。また、冷暖房だけではなく、空気清浄機能の搭載された機器に於いても、ファンの性能によって本体の性能に違いが生じてきます。

次の記事へ

ページトップへ