シロッコファンの風量と回転数はどのくらいなのか?

ホーム > コラム > シロッコファンの風量と回転数はどのくらいなのか?

シロッコファンの風量と回転数はどのくらいなのか?


シロッコファンの特徴は?



様々な機械にシステムとして取り入れられている、シロッコファン。1枚板プレス成形タイプ、巻締めタイプや折り曲げタイプ、リベットかしめタイプなど、企業によっては同じファンでも様々なタイプの羽根車が存在します。羽根車の種類によって適した環境が異なり、利用するべき用途も異なるでしょう。空調としての利用を始め、各種プラントの廃棄など、幅広く利用が可能です。

またシロッコファンは商品によって、羽根車を片側に配置している物もあれば、両側に配置している構造の物もあります。利用用途に合わせたタイプを選ぶことで、使い勝手が非常に良くなるでしょう。さらに、一般的な1連式だけではなく、一つのモーターに二つの羽根車が設置されている2連式まで、様々な構造のファンが存在します。回転数や風量も、タイプによって全く数値が異なりますので、利用用途に合わせた商品を選ぶと良いでしょう。

シロッコファンはこのように、ポピュラーな物から少し特殊な商品まで、幅広く展開をされているファンです。ちょっとした仕組みや構造の違いで、風量や回転数にも大きな影響が現れますので、利用用途に合わせた商品を選ぶと良いでしょう。利用目的に合わせたファンを導入することで、より仕事効率をアップさせることが出来ます。

小型タイプの物から大型特注の物まで対応している企業も多くあります。シロッコファンは非常にポピュラーな構造だからこそ、オプションがつけやすくニーズに対応しやすいのも特徴の一つです。既製品のもので満足が出来ないという場合は、企業によって、利用用途を相談すると、特注品を作成してくれる場合もあるでしょう。特殊なファンを利用したいという場合は、相談可能な企業に依頼をすることをおすすめします。



シロッコファンの風量と回転数について



シロッコファンの種類やタイプによって、風量や回転数は大きく異なります。利用目的や用途に合わせたファンを選ぶことが大切ですが、回転数や風量の目安は大体このくらいが多いでしょう。

小さいサイズの物ですと、回転数900前後の風量も比較的抑えられた商品の利用が多くあります。サイズも非常にミニマムで、どんな所にも取り付けが可能な点が魅力の一つです。力が弱いと言っても、物を冷やしたり換気したりするには十分は風力がありますので、工場を始め個室の換気などにも幅広く利用されているでしょう。

大きいサイズの物ですと、回転数が3400前後の、非常に強い風を引き起こすことが出来るファンも存在します。片面吸い込み型や両面の物まで、幅広く種類がありますのでこちらも利用目的に合わせた商品を選ぶと良いでしょう。サイズが大きい分パワーも絶大で、工場ではもちろん各種機器の要として、利用されている事が多いでしょう。

回転数が大きい物でも、風力を調整できるタイプは少なくありません。大は小を兼ねるという言葉があるように、スイッチ一つで風力を弱めることが出来るタイプもあるでしょう。商品によっても異なりますが、多くの場合、最高回転数目安が大きくても、パワー調整できるシステムがほとんどです。利用目的に合わせてスイッチシステムが必要という場合は、その旨を企業に伝えて理想的な商品を探すようにしてみてください。

パワーはもちろん、ファンそのものの大きさやファンの設置可能場所も商品によって異なりますので、その都度、依頼する企業に相談をしていきましょう。



シロッコファンはどんな所で使われている?



シロッコファンはこのように、様々な機器に取り付けることが出来るように、非常に種類豊富に用意されています。例えば、このような機器に取り付けられている事が多いでしょう。

まずはなじみ深い、クーラーやエアコンです。一家に1台あると言っても過言ではないエアコンやクーラーは、機器内の熱を外に逃がす、効率良く温風や冷風を出すために、ファンが取り付けられています。ファンの性能によって機器の性能も大きく異なるため、冷暖房機器製造企業では日々、自社製品の研究開発とともにファンの研究開発が行われている事が多いでしょう。冷風温風のみではなく、空気清浄機能付きの機械の場合も同じようにファンの性能によってクオリティーが決まります。

次に、企業などではなじみの深い送風機や冷風機です。機械の熱を冷ますため、工場内の空気環境改善のためなどに設置される、大型特殊ファンから機械そのものに設置されているタイプまで、様々な種類があるでしょう。利用目的は企業によって異なりますが、オーダーメード性の特注品を利用している企業も少なくありません。ファン製造企業によっては、利用目的を事前に聞き利用目的に合わせて製造をしてもらえる場合もあります。利用目的に合わせたファンを使うことで、安全面のアップ、仕事効率のアップを図ることが期待できるでしょう。シロッコファンは商品によって製品機能が大きく異なります。ファンの製造企業によっては、既製品のみの販売となっている所もありますので、可能であれば相談できる企業に依頼をすることが大切です。

次の記事へ

ページトップへ