シロッコファンについて

ホーム > コラム > シロッコファンについて

シロッコファンについて



シロッコファンとは何か



シロッコファンという言葉を聞いたことがあるという方もいるかもしれませんが、中にはまったく聞いたことがないという方もたくさんいるのではないでしょうか?シロッコファンとは、レンジフードなどの換気機能に使用する、縦長で細い板状の羽根が筒状に取り付けられているファンのことを言いますが、簡単に言うと換気扇のようなものです。

レンジフードなどでは、シロッコファンを回転させて、汚れた空気を吸い込んでくれます。吸い込んだ空気に関しては、ダクトを通じて屋外に排出されていきます。ダクトを通じて空気を排出することにより、屋外に隣接されていない場所にも換気機能を設置することができます。

また、よく勘違いされるのが、シロッコファンとプロペラファンが同じだと思われることが多いということです。実はこれらの二つは同じものではなく、違いがあります。キッチンの換気扇のタイプは大きく分けると二つあります。一つがレンジフードと呼ばれることもあるシロッコファンと、換気扇と呼ばれることが多いプロペラファンがあります。機能としては、どちらも汚れた空気を吸い込んで、屋外に排出するという機能となっているので、変わりはありません。では、どういった違いがあるのかというと、一つ目はファンの作りや形が違うということと、ダクトを利用して排出をするタイプか直接換気をするタイプかの違いになります。このように、一見違いがなさそうに見える二つのタイプですが、しっかりと違いがあります。機能としてはどちらも似ていますが、主に作りと換気する方法が変わってくるということを覚えておくと良いでしょう。



シロッコファンのメリット



シロッコファンはどのようなものなのかということに関してはある程度理解をすることができたと思いますが、使用することで得られるメリットは一体どのようなものがあるのでしょうか?今回は利用することでのメリットについて詳しく説明をしていきます。

まず、何といっても一つ目のメリットはダクトを通じて屋外に排出することが可能だということです。直接屋外に換気をするタイプではないため、たとえばマンションなどのキッチンで外壁に面していないところであっても設置することが可能です。また、集合住宅など、密接している環境だったとしても風向きなどを考慮して設置できるため何の問題もなく使用することが可能です。基本的に直接屋外に排気をすることがないため、屋外の風などの影響を受けることがありません。そのため近所の方たちに迷惑をかけることもなく、快適に換気扇を使用することができます。

二つ目のメリットは、騒音が少ないということです。たとえばプロペラファンに例えると、騒音はかなり少なめです。換気扇はうるさいというようなイメージがありますが、そんなイメージも覆してくれます。騒音が少ないため、夜中でも音を気にすることなく使用することが可能です。

三つ目のメリットは天井から、覆いかぶさるように設置をするため、空気の捕集効果が高いということです。調理などの場合に、コンロの上の天井部分に覆いかぶさるように設置されていると、調理時の熱や煙などを効果的に屋外へ排出することができます。捕集効果が高いため、臭いをそれほど気にする必要もなくなります。

四つ目のメリットはプロペラファンに比べてデザイン性があるということです。従来の換気扇に比べるとデザイン性も良く、見た目がかっこよくシンプルになっているものが多いため、デザインのことを重点的に考えているという方などにもぴったりの換気扇です。このように、設置をすることで得られるメリットはたくさんあります。換気扇のことで悩んでいるという方は一度シロッコファンも拝見してみる価値は十分にあります。



シロッコファンの洗浄方法



シロッコファンは換気扇の役割を果たすため、定期的に清掃をする必要があります。換気扇と聞くと手入れが面倒だという方もいるかと思いますが、長持ちさせるためにもしっかりと清掃しておく必要があります。そこで今回は洗浄方法について詳しく説明をしていきます。

まず、基本的に空気と一緒に油も吸い取っているので、油汚れでベタベタになっている場合が多くなっています。業者に依頼をしたりすると苛性ソーダ系の洗剤などを使用することが多く、一般の家庭の場合に関しては、要らなくなった鍋などに水を入れて、沸騰させます。30分程煮ることによって、ある程度の油は除去することが可能です。まずはこのように油を除去することから始めることが重要です。油がある程度取れてきたら、中性洗剤などを利用して綺麗に汚れを落としていきます。このように、定期的にシロッコファンの内部やファンの清掃をすることによって、いつまでも綺麗に保つことが可能です。

ページトップへ