インペラーの豆知識

ホーム > コラム > インペラーの豆知識

インペラーの豆知識



インペラーの種類



インペラーという言葉を聞いたことがあるという方もいるかと思いますが、実はインペラーといってもさまざまな種類が存在しています。そこで今回は種類についてを詳しく説明していきます。まず、シロッコファンの羽根車についてですが、使用されている場面は一般空調や恒温槽、恒温室、冷凍倉庫空調、クリーンルーム、各種プラントの排気など、あらゆる場面で使用されています。大きさとしては160mm~1500mmまでとさまざまなサイズが存在しており、使用用途に分けてあらゆる場面で活躍することができます。また、小型のシロッコファンの羽根車に関しては、軽量で低価格な作りとなっています。

その他にも高温や低温、高速などの環境にも対応することができるものも存在しています。次に、クロスフローファンがありますが、これはブロワに似たランナーを持っていますが、両側面が側板で覆われている形となっているため、軸方向からの気流の流入をさせない作りになっています。そのため、ランナー内を通過する貫流が発生します。この流れを利用したインペラーになっています。長い筒を用いているので、風の幅を広く取ることが可能となっています。インペラーの種類はこれだけではありませんが、さまざまな種類が存在しています。



インペラーを選ぶなら品質のこだわりがある企業を選ぼう



製品を購入しようと思った時、長く使用するためにもやはり高品質の製品を選びたいと思うことが普通になります。しかし、選ぶ際にはどこに一番こだわっているのかということを把握するのは難しくなります。そこで、今回は品質にしっかりとこだわっている企業についての紹介をしていきます。

まず、信頼性というのは非常に大切なポイントとなります。中には50年以上も開発や製造に取り組んでいる企業があります。それだけの実績があれば、信頼度は高くなり、しっかりと高品質の製品を手に入れるためにはこのような信頼度が高い企業を選ぶというのもポイントとなります。また、製品の部品を使用する際に、どこのメーカーを使用しているのかというのも選ぶ際に重要なポイントとなります。高品質の製品を手に入れるためにはやはり国産メーカーを積極的に使用しているメーカーは安心することができます。国産のメーカーはコストがかかるのではないかと思う方も多いかもせれませんが、実際にはコストパフォーマンスに対してしっかりとした製品を取り扱っている企業も存在します。やはり品質にこだわりたいと思っている場合には国産メーカーを採用している企業で検討をすると、最高級の品質のインペラーを手に入れることが可能となります。

また、品質のこだわりもとても重要なポイントとなりますが、品質にプラスして、省エネや環境性能に関しても考えている企業の製品はとても安心感があります。また、これらに加えて強度がしっかりとしている製品を取り扱っているところがあるため、選ぶ際には妥協のないインペラーを選ぶことが大切になります。インペラーにはさまざまな用途があり、安全に使用するためにもしっかりとした豊富な知識が必要になります。そのためにもやはり技術力の高い企業に依頼をすることによって、トラブルの少ない、高品質の製品を手に入れることが可能になります。

このように、製品を購入する際は、しっかりと選ぶ際には品質にこだわっている企業の製品を選ぶと、納得のいくインペラーを手に入れることができます。



インペラーが納品されるまでの流れ



インペラーを購入する際には、ネットから注文をすることができる企業もあります。そこで、全部の企業に当てはまるとは限りませんが、だいたいの納品までの流れについて今回は説明していきます。

まず、インターネットから注文をするという場合には、まずは製品を選び、FAXかメールで問い合わせのメールをします。その後、見積もりをします。正直、購入する際にはインペラーについて詳しくないという方も存在します。こういった場合にはしっかりと見積もりをして最適な製品を提案してもらいましょう。中には見積もりをすれば、お客様に合った製品をしっかりと選んでくれる企業もあるので、提案もしてくれるところならなお安心できます。

見積もりが完了したら、次は設計と製図になります。設計と製図が完了したら、次に制作に入っていきます。制作では初めに材料を切削し、その後溶接をしていきます。次にバランスの修正を行い、組み立てを行っていきます。仕上げに塗装をして製品自体は完了になります。品質にしっかりとこだわっている企業は完成後、しっかりと試運転を行ってくれます。試運転が完了して、問題がないと判断された場合には、製品を指定の場所まで届けてくれます。

以上が制作から納品までの流れとなっています。また、企業によってはメンテナンスサービスを行ってくれるところもあるので、メンテナンスサービスがあるところを選べば、何かあった時でも安心です。

次の記事へ

ページトップへ