インペラーの形状や品質の違いに注目すると

ホーム > コラム > インペラーの形状や品質の違いに注目すると

インペラーの形状や品質の違いに注目すると


違いによって変わる性能



現在日本には様々な工業施設が存在しますが、施設の内容によって、必要になる機材は当然変わってきます。数ある施設の中でも、特に必要とされることが多いのが送風システムで、施設内に綺麗な空気を送り込んだり、設備の温度を風によって冷やしたり、そのままでは乾きにくい塗料を乾燥させるのに使ったりと、目的に応じて様々なタイプの送風システムが開発されています。施設の規模によっては非常に大型のシステムを用意する必要があったり、わざわざ特注のシステムを製造しなければならなかったりと、非常に重要な部分とされることも多いのですが、それらの送風システムに使われているのが「インペラー」で、その違いでシステム全体の仕上がりも大きく変わってきます。

インペラーは回転によって風を送ったり、水の流れでエネルギーを生み出したりと、様々な用途に使える羽根車の一種です。本当に幅広い目的で使うことが出来るので、一般家庭で使われている換気扇から水力発電所まで、使用する環境や目的に合わせて大きさや形を変えつつ、多くの種類が作られています。そのため、製作した企業などの違いで似たような送風システムが作られても、その性能や耐久性などに違いが出ることも多く、特注で製作を依頼する際などはインペラーの形状を一から考え、より性能が高いものを用意してもらわないと、特注にする意味がないくらいに大きく性能が変わってくるといわれています。もちろんそれ以外の要素も重要ではありますが、それを踏まえてもインペラーの品質については特に気をつけておきたいポイントなので、新しい機材を導入する際や特注品の製作を依頼する際は、細かい情報もきちんとチェックしておくようにしましょう。



目的に合わせた形状



様々な目的で利用されているインペラーですが、それらを必要とする場面によって、その形状は細かく変化します。羽の枚数であったり、それらの角度であったりと、その違いは非常に細かいものも多く、その細かい違いで性能には大きな差が出るといわれています。例えば、羽の面積が大きいものや羽の枚数が多いものは、より多くの空気や水を送ることが出来ますが、重量が重くなれば回転させるためのモーターの性能をより高いものにしなければならないので、利用できる電力を考慮しつつ、面積と枚数のバランスを調整して、モーターの回転数を落としても必要な性能を確保できるようにする必要があります。

インペラーの羽の形状も、機材の性能に大きく係わります。例えば風を送り込むことに特化した形状をしている羽なら、水を送りこもうとするとすぐに壊れてしまったり、逆に水を送ることに特化したものなら、風を上手く送り込むことが出来ないこともあります。そのため使用目的に応じて専用のインペラーを設計する必要があり、使用する条件によっては特注品が求められることもあります。

更に形状や羽の枚数、素材によって大きく変わるのが重量です。重ければ重いほどモーターの回転数が求められるようになり、必要となる風や水を送り込むために莫大なコストをかけなければならなくなります。更に軸にかかる負担も大きくなり、システム自体の寿命にも大きく影響するので、重量を軽くする工夫はどうしても必要となります。なるべく軽い金属を使うようにしたり、羽の枚数を減らすと共に、軽量化による耐久性の低下も考慮して、なるべく長く使えるよう、インペラーの製造を行うどの企業も独自の工夫を凝らしています。



品質にはどの程度差が出るか



インペラーは様々な機器に使われていますが、その品質は製造する企業によって大きく変わってきます。海外製品の中には、大量生産を目的に開発されたものも多く、非常に安値で用意することが出来るといわれていますが、やはり大量生産を目的にしたものは、品質が劣るものも少なくないといいます。一見するとそれほど大きな違いが無いようにも見えますが、品質によって性能にはどの程度の差が出るのでしょうか。

インペラーの品質は見た目だけでは分かりません。一見すると似たような見た目で、製作する会社によって送りこまれる空気の量が違ったり、必要な回転数を確保するために必要な電力が増えたりと、実際に動かしてみることで違う点が見えることも珍しくありません。長年使い続けることによるパーツの劣化の差が出る事もあるので、価格に注目するだけでなく過去の実績などにも注目することで、本当に優れた品がどれかを判断することが出来ます。

さらに、インペラーの品質の向上は環境保護にもつながるといわれています。より少ない発電量で大量のガスを取り込むことや苛酷な環境でも使うこと、適切な環境を維持するための燃料費などを節約することが出来たりと、昨今の工業施設に求められている環境保護への取り組みに大いに貢献することが出来ます。

インペラーの違いは工業施設全体に大きく影響するといわれており、多くの企業がより優れた商品を提供しようと日夜努力を続けています。より優れた機材を導入するためにも、少しでも多くの情報を集めてみてください。

次の記事へ

ページトップへ