インペラーについてや羽根車の種類と業者の選び方

ホーム > コラム > インペラーについてや羽根車の種類と業者の選び方

インペラーについてや羽根車の種類と業者の選び方

インペラーについて


インペラーは英語表記でimpellerと記載し、主に風や液体を送る羽根車として知られています。インペラーと聞いてもイメージができないという人も少なくありません。私達の身近なところでは扇風機やエアコンなどにも使用されています。特に夏の季節においては実際に扇風機やエアコンを使用するところも多いでしょう。空気を送るための部品が付いており、その部品のおかげで私達は風を受けて涼しさを感じたり、冷たい空気を室内に送り、部屋の温度を全体的に下げることができます。
私達の身近なところではレンジフードも挙げられます。レンジフードとは主に一般的なご家庭に設置されている換気扇のことで知られていますが、かつてはプロペラがむき出しになったタイプの換気扇が一般的でした。今でもアパートなどには取り付けられている物件もあります。しかし、新築住宅ではむき出しの換気扇ではなく、安全性も考慮してレンジフードが取り入れられています。レンジフードの中にインペラーが取り付けられており、そのおかげで室内の空気を外部に排出することができます。基本的にキッチンなどの料理をするところに取り付けられているケースが多く、お魚やお肉などを焼いてもその煙を外に出してくれるので室内ににおいがこもらないというメリットがあります。
インペラーは決して家庭だけで使われているものではありません。例えば工場が挙げられます。工場で使われるタイプは家庭用に比べてサイズが大きく、特注で製作されることも多くあります。基本的に工場で働いたことがない方はイメージできない方もいますが、実際に日本の工場ではたくさんの場所で使われています。
その他にも焼却炉が挙げられます。焼却炉とは主にゴミを燃やして灰にするなどゴミの焼却を行うところです。焼却炉に関しても身近ではないという方もいますが、大型ターボファンなどが導入されているところもあります。大型施設などにおいては空調機を導入しているところが一般的です。空調機とは空調を調節するために導入される機器です。一般的な施設では数多くのところで空調機が導入されていますが、その内部にインペラーが取り入れられ空気を調節するために使われています。このように様々なところで使用されている羽根車のことを指しているインペラーですが、羽根車には種類があります。

羽根車の種類について知ろう


羽根車は気体や液体を送るために使われる部品として多岐にわたり重宝されています。この羽根車は種類が豊富にあり、例えばシロッコファンが挙げられます。シロッコファンは主にレンジフードなどに使われる羽根車として知られています。その理由はレンジフードに適している特徴があるからです。例えば屋外と面していないところに設置ができるという点です。そもそも屋外と面していないレンジフードの場合、もし、面していなければ空気を排出できない羽根車であれば利用することができません。
また、特徴として騒音が挙げられます。シロッコファンは他の種類に比べて騒音が少なく、この特性を生かして住宅密集地などにおいてはシロッコファンを使ったレンジフードを採用し、騒音を防いでいるところもあります。また、高気密住宅においては屋外の風の影響を受けることがあります。風の影響を受けると空気の排出効率が低下する恐れがあります。しかし、風の影響を受けづらいシロッコファンは高気密住宅でも利用できるため、そのような場所でも使われている羽根車です。
その他の種類にはターボファンがあります。シロッコファンは羽根車の形状が前向きであるのに対してターボファンは後ろ向きという特徴があります。パイプ用ファンなどに使用され、風量が多く、風圧が高いところで使用される機会が多いタイプです。その他にもクロスファンや軸流ファンなど様々な種類があり、それぞれの種類によって取り入れられるメリットは異なります。一般的にこのようなインペラーを取り入れる時は業者に依頼をするのが一般的です。

業者選定のコツを知ろう


インペラーの製造、開発を担う業者はたくさんありますので、選定方法を知り、自社に適している製品を導入しましょう。インペラー購入のための業者選びの選定方法としてはまず羽根車の種類の取り扱い数です。種類を豊富に扱っているところであれば企業の要望に沿った製造をしてくれる可能性が高くなり、環境や状況に合わせて導入をすることができます。そのため、まずはホームページなどでどのぐらいの種類を取り扱っているのかを確認してから選定をしましょう。
その他の方法としては業者の導入事例を参考にすることです。例えば導入事例にはどのような機器に使われるものを製造したのかという情報を知ることができるので、選ぶ際の参考になる方も少なくありません。もし同じものを製作して欲しいと思う人はその業者に依頼をすれば、導入事例にあるようなものを自社に取り入れることができるでしょう。また、品質なども確認して選択をしましょう。

次の記事へ

ページトップへ